Plumeria University

プルメリアの基本情報

BASIC KNOWLEDGE OF PLUMERIA プルメリア Family:キョウチクトウ科、インドソケイ属 Origin:西インド諸島 Name:Plumeria/Frangipani/Temple Tree/Pagoda Tree/Pua Melia ●プルメリアの特徴 プルメリアはキョウチクトウ科・インドソケイ属の熱帯花木で、原産地は西インド諸島、このほか中南米などにも分布しています。日本でも沖縄、小笠原諸島などで自生しているものが見られます。比較的乾燥に強く、15度以上で生育が活発になり15度以下では生育がゆるやかになります。10度以下では葉を落とし休眠します。断水してある程度の寒さに耐えられすようになりますが、霜があたると枯死するので、冬は室内に移動させ5〜8度を保つように心がけます。枝を折ると、毒性のある白い乳液を出しますのでアレルギーのある人は注意が必要です。花は比較的大きく芳香があり、日本では5月から10月ごろが開花期となります。また、花弁が厚く花持ちが良い為、ハワイではレイの素材として最もポピュラーな花です。寒さには弱いので冬場は室内に移動させる必要がありますが、日本の夏は生育には最適。鉢植えでベランダでもたくさんの花が楽しめます。 ●主な種類 Plumeria Rubra:プルメリア・ルーブラ 熱帯アメリカ原産の高さ3m〜5mほどの低木で、葉先が尖っていて冬に葉を落とします。春から秋にかけて花を付けます。色や香りもバラエティに富んでいて、園芸種として紹介されるほとんどがこの種です。ハイブリッド種(交配種)はすべてルーブラ種となります。 Plumeria Obtusa:プルメリア・オブツサ キューバ・ヒスパニョーラ島とメキシコのユカタン半島に原産する高さ8mくらいの低木です。葉先が丸く光沢のある濃い緑色をしていて、冬でも葉を落とさないプルメリア唯一の常緑種。シンガポール・ホワイトと呼ばれているプルメリアはその代表です。 ●名前の由来 日本名は「インドソケイ」ですが「インドのソケイ」と言われてもここでいうインドは原産地の西インド諸島の事なのであまりピンと来ません。一番多く呼ばれている名前はやはり「プルメリア」でしょう。この名前は17世紀にカリブ海を旅していたフランスの植物学者、Charles Plumier(チャールズ・プルミエ)の名から来ています。プルメリアは他にも沢山の呼び名があり、Frangipani(フランジパニ)、Temple Tree(テンプル・ツリー)、Pagoda Tree(パゴダ・ツリー)、Pua Melia(プア・メリア)などがあります。フランジパニはフランス語でキョウチクトウ科特有のあの枝や葉を折ると出てくる白い乳液の事を指すようです。テンプル・ツリーやパゴダ・ツリーは名前の通り、お墓や寺院などに植えられている事が多かったためにその呼び名がついたそうですが、東南アジアでもこの呼び名が使われていました。そして、プア・メリアはハワイ名。プアはハワイ語で「花」という意味です。ハワイでレイフラワーとしてメジャーなプルメリアも実はハワイ原産ではなく、ハワイに紹介されたのは1860年。その後ハワイを含め多くの園芸品種が紹介されています。

プルメリアに関する参考資料

Useful Plumeria Information: 参考になるプルメリアの資料をリンクします。

Hawaii Landscape May/June 2017

Plumerias have fingerprints? by Richard A. Criley

プルメリアには指紋があるか...?DNA鑑定の結果、原種はさび病にかかりにくく、ルーブラ種はどれもさび病にかかる性質を持っているという結果に基づき、原種との品種交配により、より「さび病」にかかりにくく庭植えに適した品種を作り出す事は可能だろう、という記事内容。原種7種類の紹介も含まれています。(日本語訳募集中!)

*実際に原種との交配種はHong Kong, JL Hang Looseなど現在では数多くあります。Obtusa種(シンガポールホワイト)も原種ですが「さび病」が発生します。Obtusa種の交配種であるDwarf Singapore Pinkも発生します。

さび病:葉の裏にオレンジ色の粉を吹いたような斑点がでますが、見映えが悪くなりますが、これによってプルメリアが枯れる事はありません。

 

>>PDFをダウンロードする

 

 

 

Plumeria in Hawai'i by Richard A Criley

College of Tropical Agriculture and Human Resourses: University of Hawai'i at Manoa

ハワイ大学のリチャード・クライリー教授のまとめた文献。ハワイのメジャーなプルメリアの特徴と写真が紹介されています。

こちらに紹介されているプルメリアの品種は比較的どれも育てやすいものなので、おすすめできます。

 

>>PDFをダウンロードする

 

 

 

 

プルメリアの植え付け

How to Plant Plumeria Cuttings

 

■用意する物

○苗木:切り口を乾燥させたもの、切り戻したりたりせずにそのまま植え込みます。

○発根促進剤(ルートン/住化タケダ園芸):苗木にホルモン剤を付け根を出やすくします。

○人工培養土(パーライト、ピートモス、バーミキューライト=3:1:1の割合)を混ぜ合わせて、水はけが良く清潔なプルメリアの土をつくります。

○緩効性肥料(マグァンプK/ハイポネックス):土に混ぜ込むタイプの肥料です。

○5〜6号鉢:水はけの良い鉢を使います。

小さな穴が1つしか開いていないようなものはNG。

素焼きの鉢など鉢からも水分が蒸発する場合などはOK。

苗木に対してあまり大きすぎる鉢は土中の水分が乾きにくいので、おすすめしていません。

○鉢底ネット:土が流れ出たり、害虫が入ってくるのを防ぎます。

○ゴロ石:水はけをよくします。

 

■植え方

1.苗木の下から8cm程度のところに印をつけておきます。(印の部分までを植え込みます。)

2.苗木に発根促進剤(ルートン)を付けます。

3.鉢底に鉢底ネットを敷き、ゴロ石を入れ、混ぜ合わせた人工培養土で苗木を倒れてこない程度(印をつけた部分)までを土中に植え込みます。苗木が倒れてきそうな場合には支柱を立てても良いです。

4.鉢の下からきれいな水が流れ出るまでたっぷりと水をやります。

5.風通しの良い直射日光の下で育てます。次に水をやるのは土が完全に乾いてから。これをくり返すと1ヶ月程度で根が動き出してきます。大きい葉が展開してきたら根が動き出してきた合図です。肥料は葉が5枚以上出てくるまで待ちます。

プルメリアを種から育てよう

How to Plant Plumeria Seeds

 

プルメリアの種は親木と同じ花が咲きません。同じシードポッドから採取した種でもそれぞれ特徴の違う花が咲きます。花を咲かせるまでどんなプルメリアが咲くのかは分かりませんが、それが楽しみでもあります。シードリングで咲かせた花に自分で名前を付けてみませんか?

 

■用意する物

○プルメリアの種

○小さめのナーセリーポット

○培養土(Lesson1参考/ピートモス多めでも良いですし、湿らせたコットンにはさんでおいても、パーライト100%でも発芽します。)

 

■植える時期

5月以降がベスト。

 

■植え方

1.種の羽(ウイング)部分が外に出る程度に浅く植え付けます。

2.発芽までは水を切らさない様に注意します。

3.なるべく太陽に当てて発芽を促しましょう。

4.10日程度で発芽します。(植え付ける気温や、種の状態によってはもうちょっとかかる場合もあります)

 

■注意点

1.基本的にはシードリングのプルメリアも他のプルメリアと管理方法は一緒です。比較的丈夫ですが、ある程度大きくなるまでは冬場は暖かい部屋で冬越しをさせましょう。

2.花が咲くまでは通常3年以上かかります。花付きの良いものもありますが、なかなか花を付けてくれないものもあります。いくつか育てて生長の早いものを抜粋する事をおすすめします。

※実験では5年経っても咲かないものも...。

 

■その他

「シードリングの根は挿し木より強い。」という特徴を活かし、接ぎ木の台木として使用する事もおすすめします。

プルメリアケア(植え付けから育て方まで)NEW!

© Plumeria University. All rights reserved.